Vol.200

刺繍加工の裏側の仕上がりと処理

刺繍加工は、SWEAT.jpの加工方法の中でも高級感があり、普段着から販売用、プレゼントまで幅広く人気な加工です。
加工方法の紹介」や「デザインサンプル」から加工の仕上がりを確認することができますが、刺繍された裏側の仕上がりがどうなっているかまでは分からないですよね。
SWEAT.jpでは、刺繍加工した裏側の仕上がりに基準を設け、ルールに沿って処理をしています。
予め仕上がり方が分かれば、より全体のイメージも湧きやすくなってくると思います。
今回は刺繍加工の裏側について、ご紹介していきます。

刺繍裏面の通常処理

刺繍加工は、パーツや色ごとに縫って糸を切るという工程の繰り返しでできています。
そのため、裏面の処理を間違うと、表面の糸がほつれてしまいます。
SWEAT.jpでは、裏面の縫い終わり部分を3mm残すことでほつれを防止しています。
糸が残りすぎると裏面が汚くなりますが、カットしすぎるとほつれの原因になってしまいます。
ほつれやすいデザインもあり、そういった場合は5mm残すこともあります。
裏面を見て、糸が少し残っていても、表面の品質のための処理なのでご安心ください。

裏面の糸を全く残さないためには

裏面の縫い終わりに糸を全くだしたくない、という場合に、「ヒートカット」という方法があります。
SWEAT.jpで使用している糸はポリエステルのため、熱で溶ける素材です。
そのため、飛び出した糸だけをヒートカットして処理することが可能です。
注意点として、カットした部分は糸が固まるので、地肌で直接着るものは、下にインナーを着るか、カットのみがおすすめです。
これは1枚1枚熱でカットしていくので、かなり手間のかかる作業です。
ご希望の方はデザインによって別途料金でお受けできますので、ご相談ください!

デザインによっての違い

デザインによっても、裏面に糸の量が変わってきます。
縫い終わりに糸が飛び出るので、筆記体の文字などシンプルでつながったデザインであれば
裏面の糸の飛び出しは少なく済みます。
逆に、密集したデザイン、小さい加工などでは糸の飛び出しが多くなります。

小さな文字や、密集しているけどつながっていないようなデザインは
針が同じ場所を行き来して糸を切るため自然と裏側に出る糸が多くなります。

筆記体の文字などシンプルで縫い終わりが少ないデザインでは
その分、裏面の糸の残りも少ないです。

素材別・刺繍の裏側

刺繍加工は、縫う生地によって仕上がりに差が出る場合があります。
表側の生地ごとの刺繍の仕上がりについてはコラム「刺繍加工の種類」をご覧ください!
裏側の仕上がり方について見ていきましょう。

素材やデザインによって、糸の密度や縫い方などの設定を変えており
大きな違いはでないように工夫しておりますが、
ドライなどの生地では刺繍の糸で生地がつってしまうこともあります。
裏面の処理も同じく、素材によって変えています。

まとめ

販売用やプレゼント用などであれば、刺繍の裏面も気になる方が多いと思います。
通常は刺繍の耐久性も考えて処理をしておりますが、
用途によって処理もご相談ください。

SWEAT.jp 加工生産部

杉山(Sugiyama)

SWEAT.jp歴4年のベテランスタッフ。カスタマーサービス部も経験の上で加工生産部に移動したマルチに活躍するスタッフです。デザインと加工の両方の知識を活かして、よりよい情報をお届けします。 加工の裏側をリサーチするので、更新をお楽しみに!

人気コラム

関連するコラム

DESIGN MEETING

SHOPで相談できるから安心

デザイン相談・お見積りは無料。

SWEAT.jpは店舗でお客さまのプリントデザインをプロのデザイナーが目の前で作っていくデザインミーティングというサービスを行っております。
お客さまのご要望をお聞きしながらデザインを作成していくので少しづつ出来ていくライブ感が好評です。一度のミーティングで約1時間で対応させていただいていますので、事前に来店予約をしていただけますと待ち時間なくご案内できます。 ご予約はインターネットからも受付可能ですので来店可能な店舗を選択の上、ご予約ください。

SHOP LIST

SWEAT.jp SHOP一覧