オリデキ バッグ トートバッグの使いこなし

2019-09-20

トートバッグの使いこなし

街ナカで見かける事が多くなった「トートバッグ」大きさやデザインも様々で可愛いですよね。
コーディネイトに合わせ、用途別にサイズ感とデザイン別の物をもっておくとワンポイントでおしゃれ上級者に…?
今回は普段着にプラスできるオススメトートバッグの紹介です!

オリジナルトートバッグの紹介

「デザインはシンプル」で、ブランド感を演出!

メインは服!バッグは脇役に徹してもらい、シンプルに。
細めのフォントや、小さめのデザインは、ハイセンスなオシャレ感が増します。
バッグの差し色と、デザインの色を合わせるのもGOOD!

(左) United Athle 14.3オンス キャンバススイッチングトートバッグ
大容量の2WAYトートバッグ。バイカラーが目を引く、レッドや
ブルーの配色をチョイスすればコーディネイトのアクセントになりますよ!

(中央) MARKLESS キャンバスショルダートートバッグ
A4サイズも入るサイズで、普段遣いのしやすいショルダーバッグです。
ポケット付のタイプもあるので、バッグの中身を整頓したい方は
キャンバスショルダートートバッグ インナーポケット付きもオススメです。

(右) MARKLESS キャンバス クラッチバッグ
男女問わず使えるクラッチバッグ。折りたたんでも見える位置に
プリントすればデザインをアピールすることができます!

シンプルなデザインのトートバッグ

クールなファッションにもオリジナリティをプラス!

全身クロコーデのファッションに、オリジナルデザインのバッグはどうでしょう?
デザインの差し色と、アクセサリーや靴の色味を合わせてみるのがオススメです!
コーディネイトのカラーに合わせられる、カラーバリエーション豊富なバッグはこちらです。

(左) MARKLESS キャンバストートバッグ(M)
A4サイズが入る12色展開のシンプルなトートバッグです。
価格もお手頃なので、色違いでたくさん持てますね。
サイズもランチトートサイズやさらに大きいサイズの
バリエーションがあるので、用途で使い分けることもできちゃいます!

(中央) United Athle レギュラーキャンバストートバッグ(M)
トートバッグが派手色なのは使いづらい…という方は
バイカラーになっているものや、持ち手に工夫があるトートバッグは
いかがでしょうか?こちらも3サイズ展開で、シーンによって選ぶことができますね。

(右) United Athle ライトナイロン 2WAY サコッシュ
全身暗めだからポイントで一色入れたい、というときは素材も少し変えて
ナイロンのサコッシュもいいですね。
マゼンタやオレンジなど、目を引く色がオススメです!

オリジナリティのあるトートバッグデザイン

ボーイッシュファッション × ゆるくて可愛い♡

レディースファッションならば、パンツスタイルやオーバーサイズなゆるめコーディネイト
にかわいらしいデザインのトートバックが絶妙なバランスになります。
好きなものを好きなように詰め込めるので、コーディネートで自分らしさを表せますね!

(左) MARKLESS デニムロープトートバッグ(M)
持ち手がロープになっているマリンテイストなトートバッグです。
写真の「ヴィンテージブルー」は春夏のコーディネイトにぴったりな
さわやかな色合いです。

(中央) United Athle レギュラーキャンバスサコッシュ
キャンバス生地で使いやすさバツグンのサコッシュ。
ちょっとしたお出かけにぴったりです。
缶バッジやワッペンをつけて個性を出すのもアリですね!

(右) MARKLESS キャンバスベーカリートート ナチュラル
丸底が特徴的なバケツ型のトートバックです。
持ち手がパイプハンドルでカジュアル感をだすことができます!

ゆるいトートバッグのデザイン

番外編!! 旅行のお土産は自分で作っちゃう?!

突然ですがみなさん、旅行先ではどんなお土産を購入しますか?
SWEAT.jpなら、旅行の思い出も形で残せます。
旅行先で撮影した、写真にコメントを入れてデザインしたり、
自分たちだけの思い出をイラストにしてみたり。
普段のコーデに、旅の思い出をプラスするのもどうでしょうか!

アイディア次第でいろんな楽しみ方ができちゃうSWEAT.jp。
デザインに迷ったらご相談ください!
プロのデザイナーが一緒に悩んで、一緒に楽しんで、形にします!

旅行の写真をオリジナルプリントに

著者 : SWEAT.jp 加工生産部 杉山(Sugiyama)

SWEAT.jp歴4年のベテランスタッフ。カスタマーサービス部も経験の上で 加工生産部に移動したマルチに活躍するスタッフです。デザインと加工の両方の知識を活かして、
よりよい情報をお届けします。 加工の裏側をリサーチするので、更新をお楽しみに!