ORIGINAL  FASHION  FACTORY
NEWS | 店舗で使えるおトクなクーポンがスタートしました!

ORIGINAL PRINT COLUMN

オリジナルプリントのコラム

オリジナルプリントと著作権侵害

更新日:2017/03/28オリジナルTシャツオリジナルを作るオリジナルプリントデザイン

オリジナルTシャツを作成するならプリントするデザインにはこだわりたいですよね。
どんなデザインにしようかな…とネットや雑誌、アパレルショップなどを参考にするのはもちろんですが、気をつけなければならないのが「著作権」や「肖像権」です。
違反した場合には、多額の罰金を支払わなければならないことも…!?
権利について知って、改めて作ってみたプリントデザインを見なおしてみましょう。オリジナルプリントは本来楽しいことですので、しっかりとルールを守った上で楽しみましょう。
お客様からよくあるご要望もまとめましたので、ご注文前にぜひご一読ください。

オリジナルプリントでの著作権とは?

著作権とは、アイディアに基いて具体的に表現されたもの(ここでは、絵や写真など)を守る権利です。権利者の許可無く複製したり、コピーをすることは法律で禁じられていますので注意しましょう。好きなキャラクターをプリントしたい!というお客さまが多くいらっしゃいっますが、スウェット.jpではお客さまのことも考え、そのままコピーすることはお断りしています。
オリジナルプリントの会社の中には、何も考えずにコピーデザインでも注文を受付ける会社もありますが、お客さま自身に災いが降りかかる場合があります。スウェット.jpは法律を守った上でのサービス提供をさせていただいていますので、ご了承下さい。
ただ、参考にして著作権を侵害しないようにアレンジすることはご提案させていただいていますのでオリジナルプリントのデザインを作る際にはご相談下さい。

キャラクターのコピーデザインは違法です

オリジナルプリントでの肖像権とは?

肖像権とは、自分の肖像を他人に使わせない人格的権利のことです。
それは、例えばテレビやネットによく出てくるようないわゆる「有名人」ではない人にもその権利があります。誰だって、自分の顔が勝手にどこかで使われていたら、名誉が傷ついたり、プライバシーの侵害にもつながってしまうかもしれないですよね。
また、パブリシティ権というものもあります。 パブリシティ権とは、「顧客吸引力がある肖像や名前の利用を専有する権利」です。要するに、その人自身の肖像や名前が経済的な利益や価値を生み出すものであれば、それを支配する権利があるということです。俳優やタレント、アイドルや政治家などはこれがありますね。

著作権も肖像権も、著作物や人物を守るために成り立っています。私的利用(自分のためや、家族など限られた範囲で使うこと)の範囲なら認められているのでは、と思うかもしれませんが、「私的利用」とは非常に曖昧なもので、著作権者の経済的損失が少ないかどうかに関わってきます。
非営利かどうかは著作者側の判断によるところが大きいので、弊社で判断することはできません。

写真を勝手にプリントしたりしてはいけません

著作権・肖像権についてのよくある質問

Q.

有名人の顔写真を使いたい!

A.

こちらは、肖像権に触れる可能性があります。また、雑誌やネットから無断で写真を借用してオリジナルTシャツを作ることはできません。こちらは著作権の侵害にあたるので、作成したTシャツが非営利目的で作成されていたとしても、許可されていません。同じような理由で、有名人のロゴについてもプリントすることはできません。

Q.

有名人の似顔絵ならプリントできますか?

A.

肖像権とはその人の肖像をみだりに絵に描かれないことも含まれていますので、似顔絵だとしても本人の許可無くしてプリントすることはできません。

Q.

アーティストのライブでオリジナルTシャツを着て盛り上がりたい!

A.

アーティストによっては、ライブを盛り上げるためにオリジナルTシャツを許可しているところもあるようです。アーティストの所属する事務所に問い合わせてみましょう。許可さえとっていれば、堂々と着ることができますね。ライブに持ち込めるものなどは、個々のライブによって異なるのでご注意ください。

Q.

好きなキャラクターをそのままオリジナルプリントに使いたい!

A.

これは違法になります。キャラクターをそのままプリントすることは著作権の侵害にあたるので、権利者の許可無く既存のキャラクターをそのままTシャツにプリントすることはできません。キャラクターはそのキャラクターを作った作者の財産ですので権利を侵害することがないように注意しましょう。

Q.

企業ロゴやブランドロゴを改変してプリントしたい!

A.

企業ロゴにも著作権がありますので、許可無くそのままプリントすることはできません。デフォルメしたりパロディにおいてもスウェット.jpに作成を依頼した時点で、作成後のトラブルはスウェット.jpでは一切責任を負いませんのでご注意下さい。
著作権や肖像権については、コピーしていることがわかっている場合と認知していない場合があり、弊社では依頼された時点で「お客さまの責任においての注文」という認識で対応しています。弊社側で著作権があるとわかるものについてはお客さまに注意を促し、デザインの修正をしていますが全ての判断ができるわけではありませんのであしからずご了承下さい。

せっかくのオリジナルプリントですから、是非オリジナルのデザインで!

とても好きなアーティストやキャラクターでオリジナルプリントが作りたいお気持ちもわかりますが、せっかくのオリジナルプリントですから世界に1枚しかないオリジナルのデザインで作ってみてはいかがでしょうか?プリントのデザインが苦手でしたら、是非スウェット.jpにご相談下さい!お客さまのご要望を聞いてプリントデザインをご提案させていただきます。
デザインのサポートは無料ですので、オリジナルプリントデザインのことならご相談ください

カスタマーサービス部

市 野 廣 介(Ichino Hirosuke)

SWEAT.jp歴6年のベテランスタッフ。オリジナルプリントのことならオタク的に知っています。また豊富な店舗サービス経験からお客さまの目の前でプリントデザインを作るのは得意で、リピーター多数。
オリジナルプリントのことなら何でもご相談ください!