Vol.117

古着風のオリジナルTシャツをつくってみよう!

古着屋さんが増えていますね。皆さんは行きますか?買いますか?
東京は下北沢、高円寺。大阪は堀江。名古屋は大須。などなど各地の商店街でよく目にする機会が多いと思います。

古着はその名の通りで、一度誰かが来ていた商品です。いわば 洋服の”中古品”です。
独特の色あせてくたびれた質感、新品では見ない唯一無二のデザインなどが魅力的で若い世代を中心に人気です。
コーデに取り入れると、味のある雰囲気をまとうことができるのでおすすめしたいところです!

なんとSWEAT. jpならオリジナルで、新品で、「古着風」のTシャツが作れちゃうんです。
古着好きな方も、これから挑戦する方も、古着はちょっとという方にもオリジナルで作る際のポイントとおすすめアイテムも合わせて紹介いたします!

古着っぽくつくれる商品 おすすめ1

GILDANとFRUIT OF THE LOOM。古着好きの方はピンときませんか?
古着屋でよく売られているブランドのTシャツで古着屋の定番アイテムです。
ロゴタグに見覚えがある方も多いのではないでしょうか。どちらもアメリカ発祥、世界中で売られている人気商品。
SWEAT. jpではそれらをオリジナルで作ることができるので、古着通の方にもオススメです。
豊富なカラーバリエーションを取り揃えておりプリントを入れれば、よりオリジナリティあふれる1枚を作り出せます。
GILDAN ウルトラコットンTシャツ(画像右)
FRUIT OF THE LOOM フルーツ ベーシックTシャツ(画像左)

古着っぽくつくれる商品 おすすめ2

古着Tシャツの特徴といえば、着古してくたびれたその特有の"ゆるさ"ではないでしょうか。
薄めでワンサイズ大きめでゆったりめに着こなすと、いわゆる「こなれ感」を演出することが出来ます。

更に、色あせた質感を出すため、アッシュやベージュ系などのくすんだ色味をセレクトするのもおすすめです!
例えばこちらのミネラルウォッシュTシャツは染色後の洗い加工を行っており、ヴィンテージ感溢れる色あせたボディが雰囲気抜群です。
すでに古着感が出来上がっている商品なので単体でも雰囲気を作り出すことができちゃいます。

オリジナル作成例1

古着のTシャツのプリントは個性的なものが多いです。
オリジナルで作る際のおすすめデザインを紹介していきます!

まずはVINTAGEなロゴを2種類作ってみました。
そして、あえてダメージを入れたデザインをプリントすることで、年季が入ったユーズド感が高まりますね!

オリジナル作成例2

オリジナルプリントの定番であるカレッジ風ロゴ。
古着屋でもよく目にする機会の多いお馴染みのデザインです。
レトロ感が出てタウンユースで重宝できるアイテムに仕上がります!
人気のデザインなので使いやすさ抜群!
ワードを変えて複数パターン作ってみれば、毎日のコーデのローテーションが楽しめます。

まとめ

オリジナルプリントで古着風に作るポイントを紹介いたしました!
古着の雰囲気は好きだけど、中古品に抵抗がある方という方も中にはいるのではないでしょうか。
唯一無二のデザインと、独特のデザインの組み合わせたTシャツを新品かつオリジナルで作ることができるのでいつもと違うおしゃれが楽しめます。
お試しに1枚いかがでしょうか!!

SWEAT.jp カスタマーサービス部

清水(Shimizu)

ファッション大好きなカスタマーサービス部の若手リーダー。店舗での接客経験も豊富なのでオリジナルプリントのデザインにも詳しいです。
コーディネートやおしゃれなプリントデザインなどのコラムを書いていきます!

関連するコラム

DESIGN MEETING

SHOPで相談できるから安心

デザイン相談・お見積りは無料。

SWEAT.jpは店舗でお客さまのプリントデザインをプロのデザイナーが目の前で作っていくデザインミーティングというサービスを行っております。
お客さまのご要望をお聞きしながらデザインを作成していくので少しづつ出来ていくライブ感が好評です。一度のミーティングで約1時間で対応させていただいていますので、事前に来店予約をしていただけますと待ち時間なくご案内できます。 ご予約はインターネットからも受付可能ですので来店可能な店舗を選択の上、ご予約ください。

SHOP LIST

SWEAT.jp SHOP一覧