Vol.173

オリジナルTシャツに合わせたいオリジナルアウター

本格的な寒さが近づいてくる季節。
思い入れのあるオリジナルデザインTシャツを今のシーズン中も使い回すなら、思い入れのあるデザインアウターも加えて寒い季節を乗り超えたいと思いませんか?
そこでSWEAT.jpが提案するオススメのアウターと、オススメのデザインを一挙紹介して行きます。
オリジナルTシャツとの合わせたコーデサンプルとともに見ていきましょう。

コーチジャケット

ナイロン素材で作られ、保温性と撥水性に優れたアウターなので、秋冬のファッションにとても重宝。
コーチジャケットは、羽織るだけでトレンド感をプラスできるアイテムです。
1枚持っておけば必ず役に立つこと間違いなし。
肌寒くなってきた頃は、少し薄手のコーチジャケットが便利です。
中綿入りのコーチジャケットもあるので、本格的に寒くなってきてもアウターとしても活躍してくれます。
Tシャツ、パーカー、コーチジャケット重ね合わせた寒さ対策とカジュアルさを取りいれたコーデがオススメ。

オリジナルTシャツを組み合わせて、よりクールなデザインのオリジナルで作ってみてもいいですね。
カジュアルな組み合わせなので、ぜひオリジナルTシャツと合わせてみましょう。
上にアウターを着るとTシャツの大部分が隠れてしまうので、胸元にロゴプリントを入れたオリジナルTシャツをインナーに取り入れるのがおすすめです。

スカジャン

「スカジャン」は「ヨコスカジャンパー」の略。
スーベニアショップとも呼ばれ、アメカジコーデの定番でしたが、今は幅広いスタイルに取り入れられる人気のアイテムです。
胸や背中にド派手な刺繍を入れたデザインがその特徴で、一見着こなすのが難しいかなと思いがちですがいつものアウターをスカジャンに変えるだけで雰囲気をガラリと変えることができます。
羽織るだけで今どきスタイルに仰天チェンジできるアイテムは今期のアウターにオススメです。
アメカジの定番であるオリジナルTシャツとスカジャンの組み合わせはまさに鉄板。

Tシャツは派手なデザインよりも控えめな方が、派手なスカジャンとのバランスが取れるのでおすすめです。
今では様々なブランドから発売されていることもあり、多くの方が着ているのをよく目にします。
ぜひSWEAT.jpでオリジナルのデザインを刺繍で入れたスカジャンを選んでみてはいかがでしょうか。

MA-1

MA-1(エムエーワン)とは、アメリカ空軍のパイロットが着用していたナイロン素材のフライトジャケットのこと。
元々は軍用服です。映画「レオン」でヒロインのマチルダが着ていたアレです。
裾や袖にリブが施されているため体にピッタリとフィットし、風が侵入することが少ないため防風・防寒性にも優れています。
流行のテイストを簡単に取り入れられるアイテムなので、ワードローブにぜひ加えておきたいアイテムです!
ミリタリーアイテムは周期的に流行る傾向にあります。持っていて損はありません。

今では男女を問わず定番化しているアイテムだけに、着こなしの万能性はお墨付き。
インナーにTシャツ、シャツ、スウェットなどの違うアイテムを合わせれば毎日でも違うコーデが楽しめます。
定番はミリタリーカラーのオリーブグリーンですが、ブラックやネイビーなどのダークトーンも合わせやすくてオススメ。
防寒性の高いアイテムなので、インナーにはオリジナルTシャツ1枚でも問題なし。
ミリタリーつながりでそれらを連想させるデザインをプリントしたTシャツがおすすめです。
MA-1は無地でももちろん様になるアイテムですが、そこはやはりオリジナルの刺繍やプリントを散りばめて、思い入れある1枚を作ってみてはいかがでしょうか。

モッズコート

MA-1と同じく、ミリタリーアウターで秋冬の定番のモッズコート。
もとは「M-51」と呼ばれていた軍用の上着が、60年代にかけてロンドンで流行した「Mods(モッズ)」というファッションスタイルで使われていたことから、日本ではモッズコートの名前が定着しました。
オリーブグリーンで丈が長く、フードがついているのが特徴。
黒との相性が良く、ブラックコーデの仕上げのアウターとして羽織るのがベストマッチ。
気軽にミリタリーとモードの両方を揃えられてまさに一石二鳥。

いつものコーデに一癖加えるのにピッタリのアウターでオリジナルTシャツとの相性も抜群。
ダークトーンのアイテムなので、白Tが映える組合わせです。
ディテールに凝ったアイテムだけに無地でも様になりますが、袖や胸などにワンポイントデザインを施してみても楽しめます。

スイングトップ

スイングトップとはアウターの一種でゴルフ用のジャンバーとして生まれ、ゴルフのスイングからその名前を取りました。
スポーツアイテムがルーツなだけに、動きやすさや機能性は文句なし。
誰でも合わせやすいアイテムです。が、老けて見える印象を与えてしまうことも。
オススメは「シンプルすぎるコーデ」を避けること。
色使いを考えて、大人カジュアルに取り入れるのがオススメ。
カジュアルなジャケットとしてオリジナルTシャツの上に羽織れば、いつもより大人顔のTシャツコーデに出会えますよ。
なのでプリントを入れるときは控えめなデザインがおすすめです。

最近は古着屋でも目にする機会が増え、若者にも人気のアイテムです。
真摯なスポーツに使われていたので、派手に着こなすよりクールに着こなしてみましょう。

まとめ

アウターが必需品となってくる寒い季節も、オリジナルTシャツの出番は外せません。
オリジナルTシャツと合わせたくなるようなオリジナルアウターも揃えて寒さを乗り越えるコーデを楽しんじゃいましょう!

SWEAT.jp カスタマーサービス部

清水(Shimizu)

ファッション大好きなカスタマーサービス部の若手リーダー。店舗での接客経験も豊富なのでオリジナルプリントのデザインにも詳しいです。
コーディネートやおしゃれなプリントデザインなどのコラムを書いていきます!

人気コラム

関連するコラム

DESIGN MEETING

SHOPで相談できるから安心

デザイン相談・お見積りは無料。

SWEAT.jpは店舗でお客さまのプリントデザインをプロのデザイナーが目の前で作っていくデザインミーティングというサービスを行っております。
お客さまのご要望をお聞きしながらデザインを作成していくので少しづつ出来ていくライブ感が好評です。一度のミーティングで約1時間で対応させていただいていますので、事前に来店予約をしていただけますと待ち時間なくご案内できます。 ご予約はインターネットからも受付可能ですので来店可能な店舗を選択の上、ご予約ください。

SHOP LIST

SWEAT.jp SHOP一覧