Vol.145

思わず目を引くバックプリントTシャツの魅力

Tシャツが主役となる季節。
トップスがTシャツ1枚になる今、周りと被らずに個性を出したいところです。
そこで背中で確かな存在感を放つバックプリントTシャツはいかがでしょうか。
「フロントで派手なデザインをアピールするのが苦手」
「後ろ姿まで気を抜きたくない」「背中で主張したい」
そんな方には、ハイセンスなバックプリントで他と差別化を図るのがおすすめです。
そこで今回は、思わず目を引くバックプリントTシャツの魅力とおすすめポイントを厳選して紹介していきます。

なぜバックプリントなのか

本人が思っているよりも、自分の後ろ姿の印象というのは意外と強いものです。
例えば電車の中や信号待ちなど街を歩いているとき、他人からは横や後ろを見られている時間のほうが長かったりするものです。
夏に必須のプリントTシャツもフロントより、実は背中のバックプリントで主張するほうが断然かっこいいのです。
普段は自分の後ろ姿というものをあまり気にしていないかもしれませんが、やっぱりカッコよく決まっている方は後ろ姿から魅力的ですよね!
背中美人という言葉もあるくらいですから、これからは意識して気を使っていきましょう。

バックプリントTシャツを選ぶ際は、リラックス感のあるオーバーサイズを選ぶのがベター。
ファッション誌でおなじみの「こなれ感」を手軽に取り入れることができます。

おすすめのバックプリントデザイン

バックプリントTシャツの定番といえばブランドロゴです。
ロゴプリントは、爽やかな夏のコーディネートにぴったりのアイテム。
癖がないデザインでコーデの幅が広がります。
ロゴが前に大きくプリントされていると目立ちすぎて恥ずかしいという方におすすめです。
個性的なプリント柄をバックに持ってきて誰もが目を追うインパクトを背負いましょう。

とはいえ、前面が無地だとちょっと寂しいかもしれません。
基本的に前はシンプルなデザインがおすすめです。
バックプリントで主張している分、前は胸元にワンポイント程度で収めるのがGOOD。
バックプリントと胸元の小さめロゴを組み合わせたプリントTシャツが今風です。
前から見ても後ろから見てもお洒落なコーデを目指しましょう!

おすすめバックプリント クール編

もっとクールに着こなしたいという大人な方には、モノクロフォトのバックプリントはいかがでしょうか。
派手になりがちなプリントTも、モノクロのデザインなら大人な印象で取り入れることができます。
また、首元にワンポイントでさりげないバックプリントを入れるのもおすすめです。
主張しすぎない、センスと余裕のある大人のプリントTシャツに。

バックプリントを生かすために、前面のプリントは控えめ(または無地)なものを選ぶと、前から見た時と後ろ姿にギャップが生まれてより効果的です。
お気に入りのデザインをバックプリントしたTシャツに袖を通せば、自然と背筋がピシッとのびて、様になりますよ。

まとめ

1枚でコーデを華やかにしてくれるバックプリントTシャツ。
バックプリントの魅力は、印象的な後ろ姿を演出できること。
簡単におしゃれが叶うアイテムを取り入れて、ぜひ今年のTシャツのコーディネートの参考にしてみてください。

SWEAT.jp カスタマーサービス部

清水(Shimizu)

ファッション大好きなカスタマーサービス部の若手リーダー。店舗での接客経験も豊富なのでオリジナルプリントのデザインにも詳しいです。
コーディネートやおしゃれなプリントデザインなどのコラムを書いていきます!

人気コラム

関連するコラム

DESIGN MEETING

SHOPで相談できるから安心

デザイン相談・お見積りは無料。

SWEAT.jpは店舗でお客さまのプリントデザインをプロのデザイナーが目の前で作っていくデザインミーティングというサービスを行っております。
お客さまのご要望をお聞きしながらデザインを作成していくので少しづつ出来ていくライブ感が好評です。一度のミーティングで約1時間で対応させていただいていますので、事前に来店予約をしていただけますと待ち時間なくご案内できます。 ご予約はインターネットからも受付可能ですので来店可能な店舗を選択の上、ご予約ください。

SHOP LIST

SWEAT.jp SHOP一覧