Vol.97

オリジナルプリント in 台湾

今回はなんと出張編!
日本を飛び出して台湾からオリジナルプリントの情報をお届けします!
なぜ唐突に台湾かというと、SWEAT.jpは店舗でもwebでも「サービス」の精神を大事にしておりましてそのために視野を広げて海外のショップの良いところを学んでこよう!という勢いで年末に数名のスタッフで台湾のオリジナルプリントを見てきたからなのです。

オリジナルのことはもちろん、「台湾に旅行に行こうかな」と思っている人にも役立つ情報を載せていくのでぜひ最後まで読んでください!

台湾に到着!

日本を出国して3時間半ほどで台湾の桃園空港につきました。
地理的には日本の石垣島にかなり近く、真冬の12月にもかかわらず空港についたときから少し暖かいです。
アジア独特の香辛料のような香りもして、海外にきた!という感じがします。
空港は近代的でおしゃれでした。

日本円と現地の通貨に両替してもらいました。
台湾の基本通貨は「台湾ドル」で、だいたい1ドルが日本円で3.6円くらいです。
日本では色付きの通貨がないので、カラフルなお札を見るとテンションがあがります。

オリジナルショップがたくさんあるのは市街地の「台北(タイペイ)」なので
電車で1時間くらい移動になります。
台湾の電車は硬貨のようなICカードを買って乗ることがけっこうあります。
とても現代的でカラーリングもかわいいです。

オリジナルショップを見学

なんだかすごくおしゃれなオリジナルショップを発見。
台湾は全体的に韓国のような最新のファッションカルチャーが浸透していて
若者たちはファッション感度がとても高くておしゃれです。

店員さんに話を聞くと、台湾ではプリントも盛んではあるが
オーダーの半分くらいは1からのオーダーメイドで台湾製のものを作るそうです。
SWEAT.jpでは1からのオーダーメイドは行っていませんが、
いつかはそんなお客様の声に応えられるようにしたいと思います!

別のお店の様子。商業施設内のテナントで、
インクジェットプリンターを置いてその場でプリントできるショップ。
SWEAT.jpで行っているサービスに近いです!
ただ、デザインのミーティングはできず、データ持ち込みが主流とのこと。
文化の違いを感じました。

ショップはとてもたくさん

台北は商業ビルがたくさん立ち並んでいましたが、
すべてのビルにオリジナルプリントショップがあるのではと思うくらい
ショップが至るところにありました。
雰囲気や形態もさまざまで、日本よりもオリジナルが盛んなような印象を受けます。

デザインの展示の仕方も独特で
日本ではあまり見ない形も多くありました。
額に入れて壁に貼ってあるのはとても素敵でした。

缶バッジやキーホルダーなどノベルティグッズ系も充実していました。
日本のショップも見習うところがたくさんあります!

今回は台湾出張編の前編ということで、
ここらで終わりにしたいと思います。
いかがでしょうか。
台湾の雰囲気が少しでも伝われば嬉しいです。

後編はもう少し台湾の旅行に役立つ情報を書いていきますので
来週の更新も要チェックです! ありがとうございました!

SWEAT.jp 経営企画部

草刈(Kusakari)

webサイトや管理システムなどをつくって、裏側でSWEAT.jpを支えているスタッフ。裏方ならではの視点でコラムを更新していきます。
お客さま視点でのレポートもしていきますので注文の際の参考にしてください!

関連するコラム

DESIGN MEETING

SHOPで相談できるから安心

デザイン相談・お見積りは無料。

SWEAT.jpは店舗でお客さまのプリントデザインをプロのデザイナーが目の前で作っていくデザインミーティングというサービスを行っております。
お客さまのご要望をお聞きしながらデザインを作成していくので少しづつ出来ていくライブ感が好評です。一度のミーティングで約1時間で対応させていただいていますので、事前に来店予約をしていただけますと待ち時間なくご案内できます。 ご予約はインターネットからも受付可能ですので来店可能な店舗を選択の上、ご予約ください。

SHOP LIST

SWEAT.jp SHOP一覧