オリデキ 加工方法 スウェットパンツのお尻プリント

2018-06-15

スウェットパンツのお尻プリント

スウェットパンツのプリントならスウェット.jpにお任せください。
実はスウェットパンツはTシャツなどに比べてプリントが難しく、ノウハウがないと加工に大きな制限があります。
特にお尻へのプリントは、縫い目などの関係で上手にするのが難しく、他社さんでやるとガタついてしまうことも多いです。
今回はそんなスウェットパンツのプリントについて詳しくご紹介します。

お尻部分にプリントする際の専用の台

スウェットパンツのプリントが難しい理由

シルクプリントは、専用の台に商品をセットして、デザインの版からインクを落としてプリントする方法です。
その性質上、商品の生地を台にぴったりとセットしないときれいにプリントができません。
スウェットパンツはTシャツなどにくらべて生地が分厚く、細い部分が多いため形も複雑で、プリント台にきれいにセットするのが難しいです。
また、セットできてもプリントするときにズレたりと、プリントのハードルが高いのがスウェットパンツです。

シルクプリントをする様子

特に難しいお尻のプリント

オリジナルスウェットパンツといえば、脚・腰・お尻にプリントするのが人気です。
その中でも特に難しいのがお尻のプリントで、お尻の真ん中には必ず縫い目があり、普通にプリント台に商品を置くと、一部が浮き上がってしまってプリントがガタつきます。
スウェット.jpはその名前の通りスウェットへのプリントに力をいれていますので、スウェットパンツ専用の台も用意しています。
お尻へのプリントは、縫い目を収納するための台の隙間にお尻の縫い目を入れて、生地をまっすぐにして行います。
この専用の台を用意している会社さんは意外と少ないようです。

お尻の裏側の縫い目

スウェットパンツにはシルクプリント

スウェットパンツにシルクプリントをするときに特殊なノウハウが必要な理由がご理解いただけましたでしょうか。
ただ、シートプリントや刺繍など様々なプリント方法が他にもある中で、それだけ大変なシルクプリントにこだわる理由が1つあります。
それは、「仕上がりがきれい」ということです。
スウェット生地にはシルクプリントのインクの乗った軽い風合いがよくマッチし、重みを感じさせない仕上がりになります。
もちろん好みはありますが、その軽い風合いやインクの発色はとても人気です。

スウェットパンツにシルクプリントをした様子

お尻へのプリントは左右対象デザインがおすすめ

スウェットパンツのお尻のプリントについて、スウェット.jpがどのように行っているか説明してきました。
年間1万枚以上のスウェットパンツをプリントしているスウェット.jpなので、品質にはご安心ください。
お尻にプリントする場合のデザインは、左右対称がかわいいです。
両方のお尻にデザインがくるようにするのが定番で、左右で内容は変えても、バランスよくするのがポイントです。

おすすめのプリントデザイン

スウェット.jpがスウェットにこだわる理由

スウェット類へのプリントは説明のとおり、他の商品にくらべて手間がかかるものです。
それでもスウェット.jpがスウェットにこだわるのは理由があります。
その名の通り、オリジナルスウェットを売るサービスとしてスタートしたスウェット.jpですが、大学の部活・サークルさまからご支持をいただき、成長してきました。
文化祭の時期など毎年ご注文くださるサークルのお客さまもいらっしゃいます。
そうしてスウェット.jpを大きくしてくれたスウェット類のお客さまに満足な品質を常にお届けしたい。それがスウェット.jpがスウェットのプリントにこだわる理由です!
お客さまがいつも履きたくなるようなスウェットパンツを目指してこれからも進化していきます。

著者 : SWEAT.jp 加工生産部 杉山(Sugiyama)

SWEAT.jp歴4年のベテランスタッフ。カスタマーサービス部も経験の上で 加工生産部に移動したマルチに活躍するスタッフです。デザインと加工の両方の知識を活かして、
よりよい情報をお届けします。 加工の裏側をリサーチするので、更新をお楽しみに!