Vol.192

実は危ない?カード収納できる手帳型スマホケースの注意点

皆さん、カード収納できる手帳型スマホケースに、大切なカードを入れていませんか?
確かに手帳型のスマホカバーは利便性が高いのですが、そこに長い期間カードを収納しておくのは実はとても危険なんです。
何が危険かというと、手帳型のスマホケースのベルト部分にはマグネットが使用されており、その部分がカードに内蔵されている磁気を壊してしまう可能性があるからです。
そこで今回は、磁気とマグネットの関係性や注意点などを解説していきます。

手帳型のスマホケースとカードの関係性【磁気カード】

手帳型のスマホカバーには一部マグネットが使用されており、これがカードに搭載されている磁気の不良を起こす可能性があるようです。
また、カードには「磁気カード」と「ICカード」の2種類があり、それぞれ以下のような特徴を持っています。
裏面に黒いテープのようなものが貼り付けられているのが、磁気カードです。
この磁気カードはカード作成時に比較的コストがかからない分、マグネットの影響を受けやすいです。
特にクレジットカードの多くはは磁気カードを採用していることが多いので気をつけましょう。
実際、ある金融機関ではスマホの普及に伴ってATMでカードが使えなくなったという声が多いそうです。
もし仮に、磁気不良を起こしてしまったカードは再発行の手続きをしなければなりません。
再発行までに数週間かかる場合もありますので、注意しましょう。

手帳型のスマホケースとカードの関係性【ICカード】

ICチップが埋め込まれているカードのことをICカードと呼ばれています。
こちらは磁気カードよりも比較的マグネットによる影響を受けづらいタイプですが、強い磁気を与えてしまうと磁気不良を起こしてしまう可能性が十分に考えられます。
しかし、極端に強い磁気を与えない限り、影響を受けることはありませんが取り扱いには注意しましょう。
主にSuicaやパスモなどがこのICカードにあたりますが、このような類のカードは手帳型のケースに収納しておいても大丈夫でしょう。

カード収納型、手帳型スマホケースを選ぶメリット

カードを収納するうえで、磁気などの注意点はありますが、メリットも、もちろんあります。
・PUレザー素材のケースなどが多く、高級感があり、デザイン性が高い
・手帳を折り曲げ、横置きにして動画鑑賞など楽しめる
・機種本体が剥き出しにならない
・薄くて軽いので日常で必要なカードを持ち運びしやすい
カード収納つきの手帳型スマホケースは、PUレザーを使用しているケースがほとんどです。
そのため、耐久性に優れているのはもちろん、加工がしやすく幅広いデザインを実現することができます。
また、カードを収納してもお財布よりも軽く薄い状態をキープできますので、持ち運びにもストレスがありません。

まとめ

手帳型スマホケース利用者で、実はカードの取り扱いに注意が必要だったと知らず、ヒヤッとした方もいたのではないでしょか。
カード収納ができるスマホケースは「磁気が気になるけど、カードをスマホと一緒に携帯できたら便利だな」と考える方にぴったりのケースです。
近年は、電子決済やカード決済などの動きも非常に高まってきています。
どんどん便利な世の中になっていますが、その代わりに気をつけないと不便になることもあるようですね。
ぜひこれを機に、カードとスマホケースの取り扱いを考えて、毎日の生活が良くなればと思います。

SWEAT.jp カスタマーサービス部

間内(Mauchi)

ファッションとバイクが好きな多趣味なカスタマーサービス部リーダー。
加工のことも熱心に学んでいるので、加工の工程など普段知られないような情報もたくさんコラムに掲載していきます。

人気コラム

関連するコラム

DESIGN MEETING

SHOPで相談できるから安心

デザイン相談・お見積りは無料。

SWEAT.jpは店舗でお客さまのプリントデザインをプロのデザイナーが目の前で作っていくデザインミーティングというサービスを行っております。
お客さまのご要望をお聞きしながらデザインを作成していくので少しづつ出来ていくライブ感が好評です。一度のミーティングで約1時間で対応させていただいていますので、事前に来店予約をしていただけますと待ち時間なくご案内できます。 ご予約はインターネットからも受付可能ですので来店可能な店舗を選択の上、ご予約ください。

SHOP LIST

SWEAT.jp SHOP一覧