Vol.119

プロのスタッフが選ぶ
オススメTシャツ&プリント (メンズ編)

夏場はTシャツや、シャツを着る機会が増えてきますよね。
「Tシャツは特にこだわりがない」という人、結構いるのではないでしょうか?
形は似ていても、素材や体型にあったサイズを選ぶだけで、大きく印象が変わります。
今回はこだわりがない方にも、是非オススメしたい商品と、デザインを併せて紹介していきます。

イチ押しTシャツをご紹介!

たくさんのTシャツを見てきた中で、筆者オススメのTシャツを紹介します! まずは、「7.1oz オーセンティックスーパーへヴィーウェイトTシャツ(左)」
Tシャツのラインナップの中でも、特に厚みのあるTシャツです。
特に厚みのある生地は、体型をカバーできる他、1枚着として完成度の高いシルエットになっています。

続いてはこちら「5.6oz ビックシルエット Tシャツ(右)」
流行のビッグシルエットを取り入れており、Tシャツの動きが出やすく、1枚でも重ね着でも合わせられます。
ベーシックで着回しやすい ホワイト・ブラックの2色展開です。
※「oz」 は生地の厚みや重量のことを指します。

デザインやプリント位置、大きさは?

おしゃれにプリントTシャツを見せたい方は「キャッチーなデザイン」は避けたほうが良いでしょう。
派手なイラストは、全体のコーディネートよりデザインに目がいってしまいます。
また、着ている人を印象付けてしまうので注意が必要です。
「◯◯のキャラクターの人だ!」と呼ばれてしまうかも。

ワンポイントデザインで重要なのが、プリント位置と大きさ!
プリントする位置も、左胸か襟からおよそ7~9cm程が王道です。
プリント位置が、Tシャツのど真ん中にあると、余白ができてしまうため見栄えが悪くなりガチです。
またデザインサイズは、7cm~12cmが1番見栄えが良く見え、格好いいデザインに仕上がります。

デザインを作る・選ぶポイント

大人っぽさ、格好良さを選ぶなら無難に「文字」だけがオススメです。
遊び心を入れたい方は、「イラストや写真」を入れてアピールするのも良いでしょう。

無難に文字だけといっても、フォントが変われば、デザインの雰囲気がガラッと変わります。
作成例で「MINAMI」の文字を、加工してみました。
同じ文字の筈ですが、1番ではストリート系、2番ではポップなイメージになりますよね。
フォントはデザインをする上でとても重要な要素です。

実際に着用してみた!

実際に筆者がTシャツを着てみました!
いかがでしょうか。なかなかおしゃれで大人ぽくなっているのではないでしょうか。
プリントTシャツは、幼く見えるからという理由で避けていた方や、
Tシャツにこだわりがない方は、是非紹介した商品、デザインの作り方を試してみて下さい。

まとめ

今回はオススメTシャツ&プリントを紹介いたしました。
次回は腕や首元の寂しさをなくす、小物について紹介します。是非そちらもチェックしてみてください!

SWEAT.jp 経営企画部

南(Minami)

CS部として神戸にいたのに岐阜に自ら移住して、経営企画部でWEBをやりはじめた新人社員。ベビーフェイスが特徴的なニューカマーです。CS部で培ったお客さま対応のノウハウを活かして、役立つコラムを配信していきます!

関連するコラム

DESIGN MEETING

SHOPで相談できるから安心

デザイン相談・お見積りは無料。

SWEAT.jpは店舗でお客さまのプリントデザインをプロのデザイナーが目の前で作っていくデザインミーティングというサービスを行っております。
お客さまのご要望をお聞きしながらデザインを作成していくので少しづつ出来ていくライブ感が好評です。一度のミーティングで約1時間で対応させていただいていますので、事前に来店予約をしていただけますと待ち時間なくご案内できます。 ご予約はインターネットからも受付可能ですので来店可能な店舗を選択の上、ご予約ください。

SHOP LIST

SWEAT.jp SHOP一覧