Vol.32

シルクプリント"版"のつくり方

オリジナルでTシャツやパーカーを作ろうと思って調べると、聞きなれない単語が出てきますよね。中でも”版”という言葉をよく見かけないでしょうか?版代、製版代として出てきても、よく分からない方も多いはず。今回は「版って何なの?」「版代って何でかかるの?」というお客さまの疑問にお答えしていきたいと思います!

そもそも版って何?

”版”は枠(フレーム)にメッシュ状のフィルムを張ったもので、シルクプリントという加工で使用されます。枠の大きさは様々ですが、SWEAT.jpでは版のサイズを2種類ご用意させていただいてます。通常版(35cm×30cm)と特大版(43cm×30cm)です。サイズが分かりやすいように比較してみました。

どうやって版をつくっているの?

版をつくっていく前に、入稿という作業があります。SWEAT.jpでは多彩なインクをご用意させていただいていますが、入稿の際はインクのカラーに関係なくモノクロのデータに変換します。ちなみに、シロとクロの2色をデザインに使用する場合には、シロ用の入稿データとクロ用の入稿データを用意し、版を2枚つくります。色数×版代がかかるのは、こういった作業があるためです。

いよいよ版をつくっていきます。専用の機械を使用して、フィルムにデザインを焼きつけます。この作業のことを”製版”と呼びます。ご注文の際の注意点としましては、デザインの線幅は1mm以上確保をお願いします。1mm以下の線は上手く焼きつけ出来ないためキレイにプリントされません。

プリンターの印刷に似ていますが、焼きつけている部分は熱で溶けて穴が空いています。この穴にインクが通り、プリントすることができます。しかし、これで完成ではありません。特殊な溶剤を使って仕上げることで、キレイにプリントすることができます。ようやくプリント作業をして商品が完成します。1枚が完成するまでには様々な作業があって、何人ものスタッフが関わっているんです。

プリントしたあとの版はどうなるの?

SWEAT.jpでは無期限で保管させていただいております!2回目以降のご注文の場合は版代がかからないので、初回よりも安く作成できます。ご注文は1枚から可能です。会社の作業服やサー服など追加注文の予定があるお客さまには、シルクプリントがおすすめです。Tシャツとパーカーに共通の版をプリントすることも可能なので、季節ごとに商品を変えて注文しても良いかもしれません。

SWEAT.jp 加工生産部

杉山(Sugiyama)

SWEAT.jp歴4年のベテランスタッフ。カスタマーサービス部も経験の上で加工生産部に移動したマルチに活躍するスタッフです。デザインと加工の両方の知識を活かして、よりよい情報をお届けします。 加工の裏側をリサーチするので、更新をお楽しみに!

関連するコラム

DESIGN MEETING

SHOPで相談できるから安心

デザイン相談・お見積りは無料。

SWEAT.jpは店舗でお客さまのプリントデザインをプロのデザイナーが目の前で作っていくデザインミーティングというサービスを行っております。
お客さまのご要望をお聞きしながらデザインを作成していくので少しづつ出来ていくライブ感が好評です。一度のミーティングで約1時間で対応させていただいていますので、事前に来店予約をしていただけますと待ち時間なくご案内できます。 ご予約はインターネットからも受付可能ですので来店可能な店舗を選択の上、ご予約ください。

SHOP LIST

SWEAT.jp SHOP一覧