Vol.85

3D刺繍がどれくらい小さくできるのか検証してみた!

SWEAT.jpでも大人気のキャップ刺繍。
その中の、立体的な刺繍ができる「3D刺繍」がプレゼント用や普段遣いのキャップで多くご注文をいただいています。
立体的にするためにはデザインの線の太さの確保が必要となっていますが、果たしてどれくらいあればいいのか、どこまでいけるのかを実験してみました!

3D刺繍とは?

名前の通り、立体的な刺繍のことです。
通常の刺繍は生地に糸を打って文字や柄を作っていきますが、3D刺繍は生地と糸の間にクッション材を挟み込んで刺繍をします。SWEAT.jpではウレタンを挟んでいます!
そうすることで、文字が立体的にぽっこりとした仕上がりになるんです。
野球チームのキャップや帽子屋さんでも見かけたことがあるかもしれません。

3D刺繍におすすめな商品と、取り扱いの注意点

上記であったように、キャップに3D刺繍をするのが一般的です。
たまにパーカーやトレーナーなどにも3D刺繍を施されているものをみかけることがあります。
ただしこれらの取り扱いには注意が必要です。
わかりやすく言うと、3D刺繍はウレタンに糸を隙間なくかぶせているで、刺繍部分を曲げたりひっぱると、中のウレタンが飛び出てきてしまう可能性があります。
洗濯する際も、そのままいれてしまうと同じようにウレタンが飛び出る可能性があるので、裏返してネットにいれたり、手洗いするのがオススメです。

3D刺繍の小ささの限界は?

3D刺繍加工は中にウレタンを入れて刺繍をする加工なので、
他のプリントにくらべて適正な加工の大きさがとてもシビアです。
大きすぎても荒くなってウレタンが見えてしまい
小さすぎるときれいにデザイン通りの形にならないことがあります。
実際に同じデザインで線幅を変えて作成してみましたのでご覧ください。

線幅1cm〜2mmのデザインで作成してみました。
2mmだとかなり潰れてしまいきれいな形ができません。
3D刺繍のご注文では線幅5mm〜3mmを推奨しています。
このデザインでは1cmでもきれいにできていますが、デザインの形状によってはおすすめできない場合もございます。

こちらは線幅2cmで作成したものです。
3D刺繍はウレタンの端と端を結ぶように刺繍していくのであまり太すぎても触ったときにウレタンが見えてしまうことがあります。
キャップなどであれば刺繍に触れる機会も少ないのであまり問題はありませんが洗濯したりするものは注意が必要です。

3D刺繍におすすめの太さ

色々な太さの3D刺繍をやったところ、やはりきれいにでるのは3mm~1cmでした。
デザインにもよりますが、3Dの表現に向いているのは太めの文字。
3D刺繍でなにか作ってみたい、というかたは参考にしてみてください!まずはSWEAT.jpのデザイナーに相談していただければ、最適なデザインをご案内いたします。

最後まで見ていただきありがとうございました。
刺繍のお得な情報や、検証してみた動画を記事で公開していきます! 注文に役立つ情報が沢山乗っているので是非ご確認ください!

SWEAT.jp 加工生産部

杉山(Sugiyama)

SWEAT.jp歴4年のベテランスタッフ。カスタマーサービス部も経験の上で加工生産部に移動したマルチに活躍するスタッフです。デザインと加工の両方の知識を活かして、よりよい情報をお届けします。 加工の裏側をリサーチするので、更新をお楽しみに!

関連するコラム

DESIGN MEETING

SHOPで相談できるから安心

デザイン相談・お見積りは無料。

SWEAT.jpは店舗でお客さまのプリントデザインをプロのデザイナーが目の前で作っていくデザインミーティングというサービスを行っております。
お客さまのご要望をお聞きしながらデザインを作成していくので少しづつ出来ていくライブ感が好評です。一度のミーティングで約1時間で対応させていただいていますので、事前に来店予約をしていただけますと待ち時間なくご案内できます。 ご予約はインターネットからも受付可能ですので来店可能な店舗を選択の上、ご予約ください。

SHOP LIST

SWEAT.jp SHOP一覧