ORIGINAL PRINT COLUMN

オリジナルプリントのコラム

デザインチーフが答えます!プリントデザイン作成のコツ

更新日:2019/06/21デザインチーフコツ

こんにちは。加工生産部スタッフ、杉山です!今回はコラム初のインタビューに挑戦してみました。
オリジナルプリントを作成する際に「デザインを考えること、決めることが難しい!」という方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、SWEAT.jp歴6年になるデザインチーフ、市野さんにオリジナルプリントに向いているデザインのコツやデザイン作成に関する注意点などをインタビューしてきました。
今までのデザインや注文に関する困りごとの解決に役立てばと思います!

答えてくれるのはチーフデザイナーの市野さんです!
それでは早速、聞いていきましょう。

Q.

学生のお客様が多いですが、注文のデザインはどんなものが人気ですか?

A.

文字ベースのものが多いですね。
デザインミーティングの中では、「普段着られるデザイン」というワードが多く出てきていて、イラストもワンポイントなど、シンプルにして、普段着にしやすくまとめるケースが多いです。
あとはサークルの雰囲気に合わせたフォント(書体)を提案しています。

ポイント

大学サークルのお客様から、「電車に乗ったりするから学校名はデカデカといれたくない、さりげなくがいい」とご相談を受けることもあります。シンプルなデザインは普段使いしやすいですね。

Q.

最近の流行りデザインの傾向などはありますか?

A.

アパレル系でもゆるめのイラストをプリントしたりしていますね。意外と、さっと描いたものがいい雰囲気のデザインになったりするんです。イラストが描けなくても大丈夫。
オリジナリティが大事ですし、納得できるまでデザインのお手伝いをさせていただきます!

ポイント

さっと描いたような下書きでも、デザインに起こすと思いがけずいい感じになったりもします。
「絵を書くのは難しいな」と諦めず、まずはイメージを書き起こすことが大事です。

Q.

「なんかいい感じに」「おしゃれな感じで」というような
 デザインのイメージが曖昧なときはどのように作成していますか?

A.

まずはお好きなデザインの画像を送っていただきます。「いい感じ」というのは十人十色なので、好きなブランドだったり、好きなテイストだったりを直接お電話などでもお伺いをしています。
そういったお客様の中のほのかなイメージをいただいた上でデザインを決めていくことが多いですね。

ポイント

「自分が着たいもの」を考えてみることが完成への近道です。ネットで検索してもよし、雑誌からヒントをもらうでもよし。色はこの色が良いとか、このくらいの大きさにしたいとか、デザインから離れたところから決めていくのもOKです。

Q.

今まで一番苦労したデザインエピソードを教えてください。

A.

どのお客様も全力で作成していますが、「何でも良い」というお客様が一番苦労します。。
「こういうのが欲しい」とはっきり決まってなくても、「こんな感じの雰囲気が好き」のようなことでも伝えていただくのが大事。どんどんわがままを言ってください!

ポイント

デザインでの「こうしたい」というご要望は積極的にデザイナーに伝えてください!

Q.

ちなみに、デザインは学校などで勉強したんですか?

A.

学校に行って勉強などはしてないですが、デザインに役立ちそうな情報は今でも目を通すようにしています。目の前にお客様がいて直接反応が見れるデザインミーティングが1番勉強になっていますね。

Q.

チーフが思うデザインを決めるコツを教えてください!

A.

デザインの完成形が見えてないと注文できないと言う方が多い印象なんですが、
注文する側はもっと気軽なスタンスで来ていただいていいんです!
まずはお申込みをしていただいて、相談しながら作ってみること。とにかく頼んでみるというのがデザイン完成への近道です!

ポイント

SWEAT.jpは注文時からすべて決めていなくても問題ありません。
途中でウェアカラーも変えていいですし、デザインを変えてもいいですし、商品ごと変えることもできます。
納得いくまで相談して一緒に作っていきましょう!

デザインに悩める方々の解決の糸口になればと思います。
市野さん、ありがとうございました!
SWEAT.jpの店舗では、それぞれデザイナー達がお待ちしております。
お近くにない方はカスタマーセンターにてお電話でのご相談も承っています!

最後に。テーマにそってデザイン依頼してみました

7月もすぐそこなので、デザインチーフ 市野さんには「七夕」というテーマで、普段着用のデザインをお願いしてみました。無茶振りをしてしまいましたが、どんなデザインができあがるのでしょうか。
結果は次週ご紹介します!お楽しみに。

加工生産部

杉 山(Sugiyama)

SWEAT.jp歴4年のベテランスタッフ。カスタマーサービス部も経験の上で加工生産部に移動したマルチに活躍するスタッフです。デザインと加工の両方の知識を活かして、よりよい情報をお届けします。
加工の裏側をリサーチするので、更新をお楽しみに!