Vol.46

商品による「ブラック」の色味の違い

オリジナルウェアで一番注文が多いカラーといえば、グレーやブラックなどの定番色です。
普段着でもこの2色のカラーを1枚は持っているという方がほとんどではないでしょうか?
今回は「ブラック」の色味に着目してみました。よく見ると、商品ごとに微妙に色味が違うんです。着心地や価格も大事ですが、色味にもこだわってみませんか?
メーカーごとにパーカーをピックアップして色味の違いを比べてみましたのでご紹介いたします!

フーデットライトパーカー (printstar)

00216-MLH
深み:★★★
青み:★☆☆
比べた商品の中で一番黒らしい黒です。
どちらかというと青みが強いように感じられますが、黒の色が深く、濃い黒というのがぴったりかもしれません。
何色のプリントでも合う色味となっています。
取扱のスウェットの中では薄手の商品になりますが、色は濃い目なので、見た目は薄さを感じさせないような雰囲気。
同じprintstarのスタンダードプルパーカーは、黄みが強い黒だったので、同じメーカーでも商品ごとに色味が変わってくるようです。セットアップの際は色味合わせに注意が必要です。

10オンス スウェット プルオーバーパーカー (UnitedAthle)

5214-01
深み:★☆☆
青み:★★★
比べたパーカーの中で一番明るめの黒色です。
青みが強めで、青や緑、紫系などのプリントをすると雰囲気が合いそうです。
セットアップの10オンススウェットパンツ
明るめの黒色なので、他のメーカースウェットパンツと上下黒でセットアップにするときには
色味の差が大きいので、実物を見比べてからご注文いただくのがおすすめです!

レギュラースウェットP/Oパーカー (CROSS&STITCH)

SP2250
深み:★★☆
黄み:★★☆
黄色みが強めの黒色です。やや深みがある濃い目の色味で、
赤や黄色などの暖色系のプリントが合う色味になっています。
10オンスのしっかりした生地のゆったりとしたシルエットなのでオーバーサイズに着るのがおすすめです。サイズも大きく、プリントも大きくしたらかわいらしく仕上がりそうですね。

10オンスプルオーバーパーカ (LIFEMAX)

MS2114
深み:★☆☆
黄み:★★★
明るめで、比べた中で一番黄色みの強い黒色です。
明るさでいうと、UnitedAthle 10オンス スウェット プルオーバーパーカーと同じくらいの明るい黒でした。こちらは裏起毛の商品になりますので、
暖かさを感じさせる黄みのある色は秋冬の季節にぴったり合っているのかもしれません。
プリントはオレンジ、黄色系を使うときれいになじむ雰囲気になりそうです。

10オンス ドライ裏フリースパーカー (glimmer)

00347-AFH
深み:★★☆
黄み:★☆☆
ドライTシャツが定番のglimmerの2018年の秋冬に登場した裏がフリースのパーカーです。
どちらかというと黄みよりの、濃くもなく薄くもない明るさの黒でした。
プリントは黄色や黄緑系が合いそうな雰囲気。
表がドライ素材なので、Championのようなやわらかい素材感で運動などアクティブに動く秋冬の季節に最適です。ツヤ感があり、本来の色よりも明るく見える雰囲気があります。

8.0オンス ヘビーブレンドプルオーバーパーカー (GILDAN)

18500_gd
深み:★★☆
青み:★★★
GILDANの薄手の裏起毛パーカーです。
青みが強い色味ですが、比べた中で唯一赤みもはいったような、色味でした。
赤や青、紫系のプリントが馴染みそうな色合いの感じです。
薄手の裏起毛なので、少し肌寒い時や、寒い時期の室内で着るシーンにぴったりです。

ストリートPOパーカー (CROSS)

CR5202
深み:★★☆
青み:★★★
比べた中では一番青みのある黒色です。カラーの名前もスーパーブラックとついており、
深みのある薄手の裏起毛のパーカーとなっています。
ゆったりしてやわらかい着心地なので動きやすく、保温性もあり1枚でも暖かいです。
青や水色系のプリントに合いそうな色味の印象です。
8.0オンス ヘビーブレンドプルオーバーパーカーGILDANと似た系統の色味となっています。どちらも薄手の裏起毛ですが、触った感じがふっくらしてなめらかなのがストリートPOパーカー、ざらついた質感がヘビーブレンドプルオーバーパーカーなので、迷ったときは生地感で選ぶのも良いですね。

ヘビーウェイトPOパーカー (TRUSS)

HSP-136
深み:★★★
黄み:★☆☆
しっかりした生地の厚手裏起毛パーカーです。
色味は黄色み寄りの濃いめの黒となっています。
生地感は伸びにくくかためですが、フードも厚手でしっかり保温されたい方におすすめです。
プリントは赤や黄色系が馴染む色の印象で、色味の系統はレギュラーウェイトスウェットP/Oパーカー
CROSS&STITCHと似ています。
それぞれ裏起毛か裏毛かの違いがあるので、季節によって選ぶのも良いかもしれません。

おわりに

いかかでしたでしょうか。
黒1色でも、メーカーごとに微妙な色味の違いがありました。
プリントの色味のおすすめはあくまで個人的な意見になりますので、ぜひご自身のお好きな色を探していただきたいと思います。
気になった商品があった場合は無料の「サンプル請求」をぜひご利用ください。
3点まで無料でお貸し出しが可能です。
店舗が近くにある方は店舗で試着をすることも可能です。
(※店舗によってご用意できるサンプルの在庫が異なりますのでご注意ください。)
色味を比べてこだわりのウェアにしましょう!

SWEAT.jp 加工生産部

杉山(Sugiyama)

SWEAT.jp歴4年のベテランスタッフ。カスタマーサービス部も経験の上で加工生産部に移動したマルチに活躍するスタッフです。デザインと加工の両方の知識を活かして、よりよい情報をお届けします。 加工の裏側をリサーチするので、更新をお楽しみに!

関連するコラム

DESIGN MEETING

SHOPで相談できるから安心

デザイン相談・お見積りは無料。

SWEAT.jpは店舗でお客さまのプリントデザインをプロのデザイナーが目の前で作っていくデザインミーティングというサービスを行っております。
お客さまのご要望をお聞きしながらデザインを作成していくので少しづつ出来ていくライブ感が好評です。一度のミーティングで約1時間で対応させていただいていますので、事前に来店予約をしていただけますと待ち時間なくご案内できます。 ご予約はインターネットからも受付可能ですので来店可能な店舗を選択の上、ご予約ください。

SHOP LIST

SWEAT.jp SHOP一覧