SILK PRINT

シルクプリント

シルクプリント

アパレルブランドのTシャツをはじめ、「サークルで作るTシャツ」「クラスTシャツ」「イベント用Tシャツ」「バンドTシャツ」など、様々なシーンで見かけるプリントTシャツはほとんどがシルクプリントでプリントされています。
シルクプリント加工は簡単に言ってしまうと、デザインデータから版を作り、そこにインクを流し込んでTシャツなどにプリントする加工方法で、同じデザインを大量のTシャツにプリントすることで1枚あたりのコストを安くすることができるプリント方法です。よくテレビなどで海外の大きな工場でズラリと並んだTシャツにプリントしながら横に移動する姿を見たことないでしょうか?あれがシルクプリントの作業風景です。

シルクプリントの作業工程

シルクプリントはデザインを版にして、プリントしていく加工方法なので版の文字に間違いがあると全てのプリントが間違ってとなってしまいます。担当するデザイナーも文字確認はしますが、お客さまにしかわからない文字内容(造語など)もありますので、最終的にはお客さまの確認責任とさせていただいていますので、予めご注意ください。

セッティング

デザインデータを版にすると同時にプリント台に無地のTシャツをセットしていきます。
この時にTシャツが歪んだり傾いたりすると傾いたままプリントされてしまいますので、丁寧にTシャツをセットしていきます。
このプリント前の「履かせる」作業もベテランは早くキレイにできまるで名人芸です。

プリント

デザイン版をセットしてプリントしていきます。単純作業の用に見えて、実は奥が深いシルクプリント。生地の厚さやインクの種類によってスキージ(刷る板)の硬さを変えたり、力加減を変えるなどして落ちるインクの量を調節することでキレイなシルクプリントが出来上がります。

乾燥

プリントした衣類の上を熱風を吹きかける乾燥機が通過します。この通過する速度も衣類の種類やデザインで変えて最適な温度とスピードで乾燥させます。

完成

しっかりと乾燥させたら完成です。機械ではなく人の手で刷ることで独特のアナログ感がでて愛着を持てるオリジナルプリントができあがります。シルクプリントならSWEAT.jpにおまかせください。

版とインク

シルクプリント版

シルクプリントでプリントする場合、1箇所の1色につき版が必要になります。版代は1版6,000円かかります。これを注文数で割るので例えば10枚の注文の場合は1枚あたり600円の版代がかかることになります。注文枚数が多ければ多いほど低価格でオリジナルが作れるというメリットがある反面、小ロットだと割高になります。
また一つのプリント版を使いまわすので、サイズが小さいTシャツと大きいTシャツだとプリントの印象が変わってきます。
XLサイズの時にはデザインが小さくなり、キッズサイズの時には大きくなるという現象が起きてしまいます。
SWEAT.jpではキッズサイズが混在する場合のみ、無料でキッズデザイン版の対応をしていますのでご安心下さい。
SWEAT.jpでは「版」の保存期間はありません。(他社では1年間などの期限付きが多く見られますがSWEAT.jpなら永久保存!)随分昔に注文したものの追加注文でも、版代は無料でプリント料金のみで追加注文ができます。

インクカラー

スウェット.jpで使用するシルクプリントのインクは通気性を損なわない「水性インク」を基本にご用意しています。油性でなくては出ない色味や風合いなどは(特色インク)油性インクを使用しています。
特にご指定がある場合は個別にご指示ください。また、下記62色が基本色となりますが、法人さまの会社ロゴなど、パントーンカラーなどで指定がある場合はご連絡下さい。また、発泡などの特殊なシルクプリント加工も対応可能ですので、ご注文時にお知らせ下さい。

  • 1

    シロ

  • 2

    グレー

  • 3

    ダークグレー

  • 4

    クロ

  • 5

    パウダーブルー

  • 6

    ピーコックブルー

  • 7

    ブライトブルー

  • 8

    ソラ

  • 9

    アイミドリ

  • 10

    ターコイズ

  • 11

    ティールグリーン

  • 12

    アオ

  • 13

    ロイヤルブルー

  • 14

    コン

  • 15

    レモン

  • 16

    イエロー

  • 17

    タマゴ

  • 18

    キャロット

  • 19

    パプリカ

  • 20

    アカ

  • 21

    ローズレッド

  • 22

    カーディナル

  • 23

    レンガ

  • 24

    ブラウン

  • 25

    パステルピンク

  • 26

    シュガーピンク

  • 27

    プリンセスピンク

  • 28

    モモ

  • 29

    ラズベリー

  • 30

    ライラック

  • 31

    ラベンダー

  • 32

    スミレ

  • 33

    プラム

  • 34

    アンティークローズ

  • 35

    クリームミント

  • 36

    ベイビーグリーン

  • 37

    グリーン

  • 38

    マラカイト

  • 39

    ビリジアン

  • 40

    バニラ

  • 41

    ベージュ

  • 42

    クリームイエロー

  • 43

    モカベージュ

  • 44

    シャーベットピンク

  • 45

    フラッシュイエロー

  • 46

    ワカバ

  • 47

    ドレッシング

  • 48

    キャンディーピンク

  • 49

    フランボワーズ

  • 50

    オレンジピンク

  • 51

    スペースシルバー

  • 52

    スプラッシュ
    ゴールド

  • 53

    ブロンズゴールド

  • 54

    ゴールド

  • 55

    メタリック
    ピンク

  • 56

    メタリック
    ローズ

  • 57

    メタリック
    スカイ

  • 58

    メタリック
    グリーン

  • 59

    メタリック
    パープル

  • 60

    メタリック
    レッド

  • 61

    メタリック
    ブルー

  • 62

    メタリック
    ティール

  • 100

    ホワイト(N)

  • 101

    ブラック(N)

  • 102

    ネイビー(N)

  • 103

    レモンイエロー(N)

  • 104

    スカーレット(N)

  • 105

    ロイヤル(N)

  • 106

    マルーン(N)

  • 107

    ゴールド(N)

  • 108

    シルバー(N)

  • 109

    蛍光ピンク(N)

  • 110

    蛍光グリーン(N)

特殊プリント

シルクプリントはその風合いで人気があるのはもちろんのこと、多様な加工法があることでも知られています。
インクメーカーも日々研究を重ねて、シルクプリントでの表現の幅を広げてくれていますのでシルクプリントの加工方法をいくつかご紹介したいと思います。下のプリント方法は(特色インク)に分類されますので割増料金となります。 詳しい加工料金は料金ページでご確認下さい。

発泡プリント

特殊なバインダーを使用し、水性ラインでプリントした後プレス機で130℃の熱を7秒間かけると平面なプリントが一気に盛り上がってきます。手触りはふわふわしています。デザインにボリュームを出したい、イベントなどで目立ちたい時にオススメです。

注意点

綿・ドライ素材ともに対応可能。ナイロン素材、ジャンパー系の撥水生地はプリント不可です。インクを膨らますためカラーチップのカラーより若干薄くなります。通常納期よりプラス2日が必要です。

クラックプリント

特殊バインダーを使用しプリントします。通常の温度で乾かすとクラックが入りひび割れたプリントになります。レトロ感を出したい時やビンテージっぽくプリントを仕上げたい時にオススメです。

注意点

綿素材のみ対応可能。1枚1枚仕上がりが多少変わります。ナイロン素材、ジャンパー系の撥水生地はプリント不可です。
ひび割れプリントのため、堅牢度が低く長期着用はオススメしません。インク剥がれが早いのがデメリットです。

箔プリント

シートプリントで箔プリントはありますがこちらもフロッキー同様、シルク版で接着剤を落とし箔紙を乗せ130℃で15秒間プレスする事で完成します。光沢のある箔をプリントすることで通常のゴールドなどと比較すると輝きが違います。

注意点

綿・ドライ素材ともに対応可能。ナイロン素材、ジャンパー系の撥水生地はプリント不可です。耐久性は優れていませんがイベントなどで使用すると目立ちます。

フロッキープリント

シートプリントでフロッキー色はありますがシルク版で接着剤を落としプレス機でフロッキー紙をプレスします。130℃で15秒間プレスしクールダウンするとフロッキー紙が剥がれフロッキープリントの完成です。手触りはフェルトに似ているのでスウェット系のウェアに相性がいいです。ここ最近、Tシャツの胸にフロッキーで大きくプリントするのが流行りです。

注意点

綿・ドライ素材ともに対応可能。ナイロン素材、ジャンパー系の撥水生地はプリント不可です。(表面に傷などが付きやすいなど)耐久性は優れていませんが表面がサラサラとしていて独特の風合いが特徴的です。

蓄光(ちっこう)プリント

特殊バインダーを使用しプリントします。工程は通常プリントと変わりません。通常と違うところはプリント面が暗闇の中で光ります。昼間は光を蓄積し、暗い場所で光るのでライブハウスや野外イベントで活躍しそうです。夜の散歩、スポーツでも役立つプリント方法です。

注意点

綿・ドライ素材ともに対応可能。ナイロン素材、ジャンパー系の撥水生地はプリント不可です。

店舗にはプリントサンプルをご用意

SWEAT.jpの店舗にはプリントサンプルが用意されていますので、インク色やシルクプリントの風合いなどを確かめることができます。
お近くの方は店舗へご来店ください。