NOVELTY PRINT METHOD

ノベルティのプリント方法

ノベルティのプリント方法

SWEAT.jpではノベルティに様々な方法でプリント加工ができます。
ノベルティの種類やデザインによって最適な加工の方法がありますので、ご確認の上でご注文ください。

昇華プリント

昇華プリントは、熱でインクを気化させて転写するプリント方法で、正確には「昇華転写プリント」といいます。
ポリエステルやポリ樹脂などの素材に転写が可能で、フルカラーで細やかやプリントができることが特徴です。
インクで直接プリントする方法と違い、インクの乗ったような仕上がりの風合いではなく、そのまま染まるような風合いになります。

昇華転写用真空プレス機 PASHELL

昇華転写は特殊な熱プレス機で行います。
中が真空になるので、マグカップなど複雑な形の商品にも
きれいに昇華プリントをすることが可能です。

商品ごとに熱プレスの時間や方法も違い、
ノウハウをもとに高品質のプリントをおこなっています。

シルクプリント

シルクプリントはシルクスクリーンの版を作成し、インクを乗せてプリントする方法。
丸いボトルや熱に弱い素材にもプリントでき、版を作成する分、大量ロットに向いています。
インクの乗る風合いが特徴で、手刷りのようなクラフト感を味わうことができます。

回転シルクプリント

Tシャツなどの生地は平らなので、
板の台に商品と版を乗せてプリントすればいいですが、
サーモボトルなどのノベルティは
特殊な機械で商品を回転させながらプリントする必要があります。
そのとき使うのが「回転シルクプリント」というプリントです。

インクジェットプリント

インクジェットプリントは、インクのプリンターでフルカラーのデザインを直接プリントする方法です。
繊細なデザインでも紙にプリントするようにフルカラーできれいにプリントできるので、写真のプリントなどにも向いています。
ノベルティで使うことは少ないですが、商品によってはインクジェットプリントでないと加工ができないものもございます。

缶バッジ・キーホルダーメーカー

缶バッジやキーホルダーをつくるには
インクジェットプリントと専用の機材が必要です。
手動で量産するすこしアナログな機械ですが、
高品質の缶バッジ・キーホルダーを作成することができます。

箔押し

箔押しは、レザーなどの素材に熱と加圧で商品をくぼませ、そこに金や銀の箔をプリントする方法です。
箔の素材がそのままプリントになるので、仕上がり豪華さが他のプリントよりかなり高いです。
ノート類や記念品関係で人気の加工です。

素押し

箔押しにかなり近い加工方法で「素押し」があります。
箔を挟み込まずに、素材の凹凸の違いだけで
デザインを表現する方法で、
レザーなどは素材が活きてステキな仕上がりです。