オリジナルスウェットの作成

オリジナルプリントの専門店「SWEAT.jp」は、年間のオリジナルスウェットの販売点数10万枚以上で、日本でNo.1です。
大学の部活・サークルを中心に、チームでのオーダーはもちろん、個人でファッションやプレゼント用にオリジナルスウェットをつくられる方もたくさんのご支持をいただいています。
スウェット商品の知識はもちろん、自社工場でのスウェットのプリントのノウハウにも自信がありますので、
オリジナルスウェットの作成はSWEAT.jpにお任せください。

スウェット商品一覧

SWEAT.jpが取り扱うスウェットの種類は100点以上。商品のカラー別で数えると1,000種類近くになります。
ご希望に合ったスウェットをWEBサイトの掲載商品から商品一覧の絞り込みなどで探すことができます。
もしご希望に近いものがなくてもご安心ください。スタッフにお問い合わせいただければ掲載していない商品をお探しすることも可能です。

  • スウェットパーカー商品一覧

    チームウェアの定番「スウェットパーカー」。
    胸や背中だけでなく、フードや袖にもプリントできますので、こだわりのアイテムをつくりましょう。

    スウェットパーカー商品一覧
  • スウェットパンツ商品一覧

    スウェットパンツのノウハウならお任せください。オリジナル業界でもあまり見ない、パンツのお尻に全面プリントも可能です。チームで1本はほしいアイテムです。

    スウェットパンツ商品一覧
  • スウェットトレーナー商品一覧

    ファッションでも人気のスウェットトレーナー。リッチに刺繍で決めれば一味ちがう高級感のあるチームウェアにもなります。
    普段使いもしたいという方におすすめ。

    スウェットトレーナー商品一覧

オリジナルスウェットの作り方

オリジナルスウェットをスウェットパーカー・スウェットパンツ・スウェットトレーナーと商品のカテゴリにわけて、商品の選び方やプリントデザインの作り方など解説します。はじめてオリジナルスウェットをつくる方も、こだわりのスウェットをつくるために詳しく知りたい方も、まずはこちらを御覧ください。

  • オリジナルスウェットパーカーの作り方

    プルパーカー・ジップパーカーそれぞれの商品の選び方や人気のプリントデザインなど、スウェットパーカーについて詳しく解説しています。

    オリジナルスウェットパーカーの作り方
  • オリジナルスウェットパンツの作り方

    ひとえにスウェットパンツといっても、リブの形やシルエットなど様々です。シーンに合ったスウェットパンツの選び方や、プリントデザインを解説します。

    オリジナルスウェットパンツの作り方
  • オリジナルトレーナーの作り方

    スウェットトレーナーはファッションでも人気のアイテム。おしゃれなチームウェアにもトレンドで選ばれています。素材やシルエットも多くありますので、選び方を解説。

    オリジナルトレーナーの作り方

なぜ、SWEAT.jpはオリジナルスウェット販売数No.1なのか

SWEAT.jpがオリジナルスウェットの販売数で日本一なのには理由があります。
お客さまに最高のオリジナルスウェットをお届けするために、商品の知識とプリントのノウハウを蓄積してきました。
その理由の一部を公開いたします。

1学生のお客さまのニーズで積んだスウェット作成のノウハウ

お客さまには意外と知られていないことですが、オリジナルスウェットはTシャツなどと違い、全て「手刷り」です。
Tシャツは薄いので大量な注文の場合は機械で自動刷りする場合が多いのですが、スウェットの場合は生地が厚くて自動でプリントできません。
しかし学生のサークルなどで人気なのは「スウェットパンツ」。
チームでオリジナルスウェットを作成して、そのまま通学用に使う方も少なくありません。
この「手間がかかる」「大学生に人気」のオリジナルスウェットに目をつけ、開始したサービスがSWEAT.jpです。
全国で大学の近くに店舗を展開し、多くの大学生の部活・サークルさまにご利用いただいております。
スウェットをつくるお客さまと密接に直接たくさん話してきたからこそ、SWEAT.jpにはスウェットのノウハウがつまっています。

2自社工場でのプリントのノウハウ

SWEAT.jpは岐阜県に「オリジナルプリント工場」を持っています。
国内生産で「Made In Japan Quality」を掲げ、品質については日々改良しています。
その中でも、スウェットはサービス開始当初からの強み商品なこともあり、他社が避けるようなハードルの高い技術にも挑戦しています。
たとえば、スウェットパンツのお尻に全面でシルクプリントをするには、お尻の真ん中にある縫い目を越えてプリントしなければなりません。
これをガタつきなしでプリントするには、専用のシルクプリント台と技術が必要です。
しかし、スウェットパンツでお尻にプリントするのは脚にプリントする次に定番のご要望。
SWEAT.jpはそういったお客さまのご要望を直接自社工場に伝え、高品質で作成できるように試作・研究を繰り返しているのです。

3店舗での試着や対面でのデザイン作成のノウハウ

SWEAT.jpは全国に13店舗と四谷ショールーム・オリジナルプリント工場をあわせて15の拠点を持っています。
そのすべてで「デザインミーティング」のサービスを行っており、プリントのデザインを対面でプロのデザイナーに作ってもらえるというサービスです。作成できるものの範囲はありますが、お客さまのラフイラストなどあればイメージを整えて、プリントできる形にいたします。
商品のサンプルやプリントのサンプルも豊富にご用意があり、店頭でのご試着も可能です。
スウェットをチームオーダーする場合、サイズ感など間違っていないか気になったり、チームのみんなが着るものなので失敗しないようにと直接お話したいというお客さまが多くいらっしゃいます。
オリジナルスウェットを作成するに当たり、お客さまの不安をすべて取り除くのがSWEAT.jpのデザインミーティングが目指す姿です。

オリジナルスウェット関連コラム