Interview Vol.1/Dancer 都丸明子 Akiko Tomaru

Profile

ダンスパフォーマンスグループ「ロケッティア」を主宰し、主に東京都内のクラブイベントを中心に活動。現在は個人としてダンスユニットでのショーや、公演等にも参加。また、自身制作のダンス作品作りを精力的に行っている。
2012年5月、imu・Namyとのダンスパフォーマンスプロジェクト「カタクナ」としての自主公演を予定している。

インタビューを読む
スウェット.jpアスリート・レビュー|インタビューVol.1-都丸明子-

You Tube

ダンサー×スウェット.jp

プロのダンサーが選ぶ、「Tシャツ」や「スウェット」はどんなものか?
ダンスで個性を表現する人が求める機能性とは?
Tシャツスウェットなどの商品をオリジナルプリントしてお客様にお届けするスウェット.jpは自信をもってお客さまにオススメするために、プロに質問をぶつけてみました。

Interview

ダンスレッスン時はどのような服装が多いのですか?
ダンスは基本的に「動きやすい格好」ということでTシャツスウェットパンツというスタイルが多いです。
着るものがカッコイイと気分がノるので、「動きやすさ」だけでなく、「カッコ良さ」は必須です。どこでもスタジオは鏡張りなんで、見てて嫌にならないように気をつけています(笑)
また、ダンスは汗をかくのが当たり前なので、素材は気にします。
汗かいても気持ちいい素材ってなかなかないので、気に入ったのばかり着てしまいます(笑)
選んだのは、ダンス仕様のスウェットパンツ「5037_01」!着心地はどうですか?
サイズ感もダンス仕様でルーズめだし、なにより軽くてライトな着心地がイイですね!
特に軽いってことはすごく重要で、私みたいに長時間レッスンする人は疲労感が全く違います。
しかも価格もリーズナブルだし、ウエストは紐付きだから激しく踊ってもズレ落ちないってとこなんかも、ダンサー心をくすぐりますね!

※個人の感想です。

5037_01

動きやすさの理由はダンス仕様のサイジングだから。ウエストにはほどよくフィット。ヒップ、レングスは余裕のあるルーズめ。心地のよいスウェット生地のアイテムです。

スウェットパンツの商品ページへ

オリジナルでTシャツも作ったとか?
スウェット.jpさんにお願いして、練習時に着る「オリジナルTシャツ」も作成しました。
今回は小ロットの注文だったんで、シルクプリントではなくてシート加工で制作しました。何度か洗濯しましたが、剥がれることなくしっかり圧着されています。
思ったより安く作れたので満足です。
Tシャツは「ダルク」というブランドで、アメリカンとは違って、薄くて肌触りが良く、女性的なラインが気に入っています。
DM001

薄くて肌触りのいいダルクのベーシックTシャツ。
普段着でもOKなファッション性。

ベーシックTシャツの商品ページへ

最後に今後の活動を教えて下さい。

最近の私の活動としては、ダンス作品の演出・制作にも力を入れていて、夏にも作品を発表する予定です。
それと、今回一緒に踊っているimu・Namyもそれぞれダンスインストラクターやクラブイベント出演に、舞台演出や制作など精力的に活動していて、かなりおちゃめで活動的な2人です!

この春、その2人と私の3人で結成したダンスパフォーマンスプロジェクト「カタクナ」として、5月に初プロデュースのダンスパフォーマンスをやります!よかったら見にきてください!

それと、Twitterなんかもやってますので、よかったらチェックしてみてください!

あとは機会があるだけたくさん踊りたいですね!

「ance dance performance live adpl#7」
2012.5.18 (fri)@ 代々木・ANCE
イベントの詳細は
URL:http://www.ance.jp/adpl-7

Dancer 都丸明子 Akiko Tomaru

Profile

ダンスパフォーマンスグループ「ロケッティア」を主宰し、主に東京都内のクラブイベントを中心に活動。現在は個人としてダンスユニットでのショーや、公演等にも参加。また、自身制作のダンス作品作りを精力的に行っている。
2012年5月、imu・Namyとのダンスパフォーマンスプロジェクト「カタクナ」としての自主公演を予定している。

関連リンク:都丸明子 facebook カタクナ twitter
  • アスリート・レビュー トップへ
  • アスリート・レビューに登場したい人はこちら